テニスの経験生かせるかな、、ゴルフの世界

2017年7月ゴルフ始めました。初めて尽くしの記録&時々競馬場

体を柔らかく

その人のストレッチを受けたくて銀座まで行ってきた。

都内を中心に展開する某ストレッチスタジオ、そこのトップトレーナーが

集まる銀座店。値段もチョイ高い。でも、ゴルフにも精通するY氏の施術を

受けたくて予約を入れ、行ってきた。

 

社交ダンサーのような雰囲気の彼、美姿勢、健康オーラが眩しい。

体をほぐしながら『何に悩んでます?』とソフトな語り口。

「ゴルフを習い始めて9ヶ月、肘が痛いんです」

すると練習用の短いアイアンを出してきてスィングしてみてと言う。

構えてテイクバックの腕を引く時に右肘が痛いことを説明。

そこからはしばらく腕の曲げ方、曲げのタイミング、体の回し方

の話になる。左腕は真っ直ぐ、これ以上行かないってとこまで行ったら後は

 身体を回転させる。私はそれができてなくて身体を回せず

左腕も曲がっちゃってる。バッターみたい?

左手だけで打つ練習方法も教わる。

 

その後本題のストレッチが始まる。頭のてっぺんから足までほぐし、伸ばして

くれる。痛いけど気持ちいい。

だいぶ固まってるようだ。月に2回ストレッチ&筋トレに通っているが

仕事柄一週間経つと肩と肩甲骨がガチガチになる。

ダフりといのは結構な衝撃で、硬い体はそれを吸収できず肘を痛めたりするそうだ。

プレーの前にストレッチを受けられれば良いけどそれは無理なので自分で

やるしかない。それも教えてもらった。

 

右肘が痛いのは確実に手打ち、身体が使えてない。

左肘が痛いのは悪いこととは限らない、許容範囲な場合もあり。

 

そしてこのストレッチ学院の卒業生がやっているサロンが家の近所に

あることが判明。

色々と得るものがあった。

 

でも1番心に響いたのはこんな言葉

『そうやって何処か痛くなったりしながら上手くなっていくんですよ』

だいぶ気持ちが軽くなった。 

早く実践したい!