テニスの経験生かせるかな、、ゴルフの世界

2017年7月ゴルフ開始。思い描いた理想の自分への道のりは遠くて楽しくてな記録。

K子先生のレッスン5回目

K子先生は何でも書いて説明する。練習場の片隅にホワイトボードが掛かっていて、そこがスクールブース。コンペ日程、生徒の質問、答えをキュキュっとペンで記す。

 

で今日、苦手なクラブは?と聞いてきた。ウッド全般と答える。なんで?と問答が始まる。

「 アイアンに比べ長いから持て余す。クラブヘッドが構えた位置に戻ってこない。 」

『 なんでだと思う? 』

「 ゴルフを始めた時、アイアンから始めてウッドがだいぶ後に登場したせいか戸惑う。 そして苦手意識ができ、自主練でもアイアンの時間が長くなる 。」

『 なるほど練習量だね。振る量が少ないんだ。でもラウンドする時にドライバーは15回位しか使わないけど、フェアウェイウッドやユーティリティは沢山打つから練習しないとね 。』

 

こんなやり取りのキーワードがボードに記されていく。。。妙に説得力がある。先生のポリシーかな。そして7番ウッド。5ヶ月振りに振る。空振りかトップだ。長さに慣れるまで右手と左手の間を空けて持って、と言われひたすら打つ。なかなかヒットしない。

 

さらには左足だけで立って右足は先っちょ支える程度にして、つまり一本足打法?で打ってと言われやってみると当たり出した。遠くには飛ばないがトップは直った。振りかぶった時に伸び上がってたらしい。なるほどこの体勢だとブレないんだな。嬉しい。一歩進めた気がした。

 

先生は、コレがやりたい、ここが自分の課題だ等どんどんリクエストして欲しいそうだ。今までの自分は今日は何やるんだろうというスタンスで通ってた。話し合った結果、マイ課題を浮き彫りにすべくラウンドレッスンに参加することにした。近隣のミニコース、初心者の集まりのようなので雨天中止だそう。晴れるといいな。

 

 

K子先生のレッスン4回目

お試しのつもりで4回チケットを買って今日が最後。私のクラスは女性が多く華やかでいい!コーチも入れると女子会みたいだ。明日から一泊二日のラウンドレッスンがあるらしく、その相談で楽しそう。入会して気付いたけどイベントの多いスクールだ。継続したい。ヒジ治して参加したい。

 

前回3回目のレッスンは併設しているアプローチ練習場に移動して教わった。いきなりで驚いたけどゴルフ場気分を味わえて浮き立った。田舎にある練習場ならでは、だ。

 

そして各自のスマホで録画してくれる。動画を見ながら改善点を説明してもらった。スマホのカメラってログインしなくてもスワイプすれば起動するんだってこと知らなかった!グローブを外して指紋認証しようとしたのは私だけ。恥ずかしい〜。

 

整形外科に行ったら

ゴルフ?続けていいんじゃない。とあっさり言われて拍子抜けした。そうなの?そういうのもありなんだ。骨に異常はないから気を付けながら身体動かしたら、ということでした。あなたはテニス肘とゴルフ肘、両方発症してるね。

 

!!なかなかテニスから離れられません笑。ヒジの外側が痛いのが通称テニス肘、内側が痛いのがゴルフ肘と言うのだそう。

f:id:yukinochang:20180901212007j:plain

ヒジに付けるサポーターを出された。昔着けてたやつだ!またやんのかコレ、なんか笑ってしまう。理学療法士さんいわく肩と背中が硬いから、その分ヒジに負荷が来たんでしょう。身体を動かす事も必要なのでレッスンは行っていいと思いますよ、と。

 

リハビリ室は初めて。よくテレビで見る歩行訓練の手すりがあって、ベッドが何台か置いてある。白衣の療法士さんが上半身をほぐしてくれた。いつも行ってるパーソナルトレーニングのストレッチは痛くて悶絶してるけど、こっちは優しくてリラックス。目的が違うから当然か。次回は電気を当ててくれるそうだ。

 

そして今日晴れやかな気分で練習場へ行った。M先生のレッスン3回目。ヒジのモヤモヤは一旦解決して集中できそう。正しい握り、身体の動きをもう一度!だ。

  

最終的にはヒトなのか

再スタートを切る場所を探して3件目。近所の練習場を訪ねた。ここだけは体験レッスンがなく、4回分のチケットを買わねばならない。散々迷ったがHPに載っていたLPGA公認コーチの顔写真、福々しい和かな雰囲気に背中を押された。実際会ってみると印象そのまんま。人間はある程度の歳になると生き様が顔に出ると言うけれど、そんな言葉が浮かんだ。この人に習いたい、と思った。

 

これまでの経緯をじっくり聞いてくれてレッスンスタート。疑問だったグリップの握り方から教わった。左手は中指のナックルが見える位に握らなきゃいけないのに、しっくり来なくて薄めに握っていた。それがなぜいけないのか、時間をかけて説明してくれた。解りやすくて腑に落ちる。

 

この機会に直したい。幸い?ひじ痛なので遠くに飛ばせない。距離は考えずひたすら正しい握りで打つ練習をした。球を2つ並べて間を空けず連続で打つよう言われた。2球目は右脳を使うんだって!

 

球は手動だし解析映像システムも無い。人に惚れてしまった。女性の生徒が多いせいか故障にも詳しい。コーチ自身も通院中だそう。出身県が同じで親しみも湧く。

 

帰宅してすぐにアイシングをしたがひじは痛む。再スタート場所を決めてさあこれからなのに悲しい現実。習いたい人に出会ったから、病院へ行ってちゃんと診てもらう?行くならこんなところがお勧めよ、というアドバイスももらった。4回終えたら考えよう。

 

ダンロップ スウィングビジョン

無料体験レッスンに行ってきた。近所の練習場にダンロップのスクールがある。最新デジタル映像システムでフォームをチェックしながらコーチがアドバイスしてくれる。通ってたスクールはそんなのないから始めて自分を見た。だいぶ軸がブレてるようだ。


この日は生徒5人で順に呼ばれてスウィングビジョンの前に行き、録画して助言してもらい、今日の課題は〇〇ねなどと話している。説明だけだと解釈が違ったり、やってるつもりだったりするからいいかも知れない。


それにしてもコーチによって教え方は違うんだな。前回のところはまず体をスウィングさせていいから身体だけで手を振ってみてというところからスタート。

そのつもりで今回もやってたら、前後に揺れすぎ、下半身は固定して肩だけ回してね、と言われた。着地点は同じなんだろうけどね。


毎回映像を見られて、屋外の広いとこで打てるの気に入ったなぁ。時間も短めの1時間、値段も安い、球は自動で出る。今のところここが一番かな。あ日曜日にレッスン設定がないのが不満だ。


しかし肘が気になる。病院に行ったらゴルフ?やっていいわけないでしょって言われるんだろうなぁ。どうする自分。


とりあえず打ってみた

ヒジ痛でヘコむのも飽きてきた。8月のコンペに間に合わないって焦るのが間違ってる。コンペに出るのが目的じゃなくて、これからの人生、趣味の一つとしてゴルフを楽しみたいんだという答えが出た。コンペは断り、マイペースでやろう。

 

とりあえず打ってみよう。どっか痛い位の方が力まなくていいんじゃない?よくテニスの選手がかえって集中できた、みたいなことインタビューで言ってたよ。次々と言い訳が浮かぶ。一人で打つのは危険だから、近隣のスクールに体験レッスンを申し込んだ。保護のためザムストの肘サポーターを付けていった。ガッチリしててすごい安心感。

f:id:yukinochang:20180715125916j:plain

ちなみに疲労軽減リストレストは私には合わなかった、、、

 

結果思ったより打てた。楽しかった。速攻帰宅してアイシングもやった。いけそうだ。さてどこのスクールに入ろうか。体験は実レッスンとどう違うのだろう。もう少し見て回ろうかな。幸い家の周りは練習場が沢山、どこもスクールが開催されている。

 

それにしても教え方は様々なんだな。施設も違う。球は自動で下から出てくるのが普通だと思っていたらここは手動。最初は戸惑ったけれど、本番は手動だからリアルなのかも知れない。その分練習代はお得。びっくりしたのは、女性はボール代¥1000で一日いて良いってこと。レッスン終了後、メモを取るため『しばらく座っていていい?』と聞いたら『一日居ていいのよ』と言われた。

レデース特典♪♪

 

 

再開したくてあがいてみる

ヒジ痛の原因はゴルフだけじゃないかも。

ゴルフスクールを休会して2ヶ月、未だに痛いってことは仕事のせい?と疑い始めた。

確かに忙しかった日は痛みが強い。一日中CADソフトを使う。4月からグループが変わり慣れない操作。

きっかけはゴルフだと思う。

でも4月からは思うように動かせないソフトに対して肩とヒジが力んでいるのでは?と。

 

出来ることはやろう。

まずマウスパットを買いに行った。高かったけど売り文句につられ購入。

しかーし自分のマウスと相性が悪くポインタの動きが悪い。同僚に試してもらったところ彼等は問題ない。なんで何で?私のマウスだけ、、高かったのに(T_T)

f:id:yukinochang:20180706201244j:plain

 

ダメ元で店に電話したところ返品交換してもらえることになった。さらにマイマウスを持って行って相性を確かめさせてくれると言うではないか!ビックカメラ万歳。

 

そして仕事の合間はストレッチ。週末は体幹運動。ベットのマットレスも新調した。(アスリートがイメージキャラクターのやつ)

 

W杯にウインブルドンテニス、観戦が続きすっかり選手気分。故障者リストから抜けたいよう。